住宅ローンとのお付き合い
家計のお財布から出ていくお金の中で、もっとも大きな金額となるのは。
そう「住宅ローン」です。
こいつと上手につきあうか。それとも振り回されてしまうのか。
家を建ててからの家族の笑顔を守るために、
大切な資金計画をご提案致します。
基本的な考え方
住宅ローンの種類には、大きく分けて下の三種類があります。

@固定金利
当初の金利は、変動金利と比べ、やや高く設定されているが、全期間金利の変動がない。(住宅金融支援機構のフラット35など)借入期間中の、返済額の変動がなく、家計管理がしやすいが、金利が下降している時期には、その恩恵が受けられない。

A変動金利
固定金利に比べ、金利が低く設定されている。市場金利に連動し、半年に一度金利は見直されるが返済額の変更は5年に1度というケースが多い。 金利水準が低い時には、最も返済額を抑えられる種類の住宅ローンである。ただし、金利上昇時期には、返済額が急増する場合があり、ある程度金利情勢にアンテナを立てる必要がある。

B固定期間選択型
一定期間(当初借入期間)の金利を固定したもの。2年固定・3年固定・5年固定・10年固定などがある。@とAを組み合わせたようなもの。住宅購入当初のやりくりがしやすい。各金融機関もこのタイプには優遇制度を積極的に設けており、実際にこのタイプを選択する人は多い。

では、どの住宅ローンを選べばいいのでしょうか?
答えは一つではありません。

借り入れする時期の金利情勢・または、借り入れするご本人の属性・そしてやりくりをする方の性格。
それぞれを総合的に判断し、お客様のご希望と合わせてご提案致します。

とくに、我々が重要視しているのは 「やりくりをする方の性格」です。

★金利?経済指標?まったくよくわからないし、興味は無い。
★損得を考えて 物を買うようにしている。
★リスクのある運用は絶対に嫌だ。
★家計簿をしっかりつけている。
★やりくりは、はっきり言って どんぶり勘定だ。
★手元にある程度のお金がないと不安だ。
★預貯金には全て目的がある。
★やりくりは 楽しい。
★結構倹約家だと思う。
★お金があればすぐ使ってしまう。
★節約の本を買ったことがある。
★やりくり担当は妻(あるいは夫)に一任されている。

さてさて。あなたにぴったりの住宅ローンの組み方は????

住宅ローンに 良い悪いはないと思っています。
要は、自分のご家庭に合っているか。やりくり担当者の性格に合っているか。
です。それが、長い長い住宅ローンとの付き合いを上手にするポイントです。

リスクヘッジとやりくり技
住宅ローンが決まったら。
自分が選んだローンとの付き合い方をご提案します。

自分たちが選んだカワイイ住宅ローンちゃん。<このくらいの愛情を注いでもいいのでは?(笑)>
どんなお世話をすれば、ご機嫌になってくれるでしょうか?
選んだ商品によって、これからのメンテナンスポイントをご紹介します。